絵をこよなく愛する、欲張りOL主婦が描くペンスケッチ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りか
 
[スポンサー広告
ホテルの部屋~ベトナム編~
ホテルサイゴンモリンの部屋の窓 いつもこのスケッチ旅行の企画をお願いしているのが
クラブツーリズムさんとANAさん。
私が参加したのはほとんどがクラブツーリズムさんの企画。
今回もツーリズムさん。

いつもいろいろ気を遣ってもらってますが、
イタリア旅行以来?彼らの頭痛の種になっているのは、部屋の割り当て。
ヨーロッパは部屋の格差が大きいことが多く、
不満に思った人が、「おたくのツアーには二度と参加しない!」
と言ったとか言わなかったとか・・・。
 

ベトナム ホテルの部屋 到着後、部屋の割り当てが済むと、さっそく恒例の部屋探検。
 バリもそうだったけど、アジアは格差が少ない。
 広さは大体同じで、ちょこちょこっと違いがあるぐらい。

 たとえば、ベットの数が2人に対して3つあったり、
 広めのバルコニーがあったのはうちだけだったり、
 ダブルベッド1つとシングル1つという部屋もあったり。
 

 大阪のSさんの部屋だけは、部屋が2つ(リビングとベットルーム)あって、それぞれにテレビが1台。
 Sさん曰く、「両方つけとったら、両方とも同じ番組やっとったわ~」
 そりゃ、当たり前だよ~。(笑)
  
ホテルサイゴンモリンの部屋からの眺め部屋のバルコニーから見えた風景。→
なんだか分からない黄色の建物が目の前に建っていて、
建物の向こうには大きな川。
 

フォーン川 ←川の名前は”フォーン川”。
 手漕ぎ船に乗せてもらって遊覧ができるらしいのだけど、
 いくらでどこまでで何時間で帰って来たい等、
 交渉がめんどくさいらしい。
 どこまで連れてかれるか???

 クリスマスに近いこの頃、この川に架かっている橋は、
 夜、様々な色にライトアップされていた。

・・・ま、とにかく今回、部屋に関しては文句はなかったのじゃないかと、推測したわけで。
 

部屋の窓からスケッチ中のマコ先生
↑雨の日に、ホテルの部屋でスケッチしていたマコ先生をスケッチしたもの。
 
スポンサーサイト
Posted by りか
comment:0   trackback:0
[旅スケッチ

thema:絵ブログ - genre:学問・文化・芸術


comment
comment posting














 

trackback URL
http://liccanojikan.blog42.fc2.com/tb.php/324-6e1fa093
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。